子供の虫歯はは親の責任 親の責任で虫歯を予防しましょう!

子供の虫歯が親の責任だという理由

子供の虫歯は親の責任と言われて仕方ありません。なぜなら、虫歯は一度かかてしまうと、ほぼ一生ものなのが虫歯だからです。虫歯は菌によって発症する病気で、3歳までに虫歯菌が口の中に入らなければ、一生虫歯にはかからないとも言われています。「子供の虫歯は親の責任」といわれるのは、このことが理由かもしれません。特に自分できちんと歯磨きができない乳児さんや幼児さんには、親のて手助けが不可欠です。

 

虫歯ができる仕組みは、普段は中性の口の中が酸性になることによって起こるのですが、これは食事の際にでる糖分を栄養に虫歯菌が増殖し、その排泄物として酸を排出することが原因です。その酸によって、歯を組織しているカルシウムやリンなどが脱灰という状態を引き起こし、その状態が進行すると歯が溶けて虫歯になってしまうのです。

 

とはいえ現実には、子供の虫歯はすぐにできてしまいます。子供の虫歯予防には、子供が虫歯にならないようにするには、虫歯の基本的な特徴を知っておく必要があります。

 

子供の虫歯予防には、子供が虫歯にならないようにするには、虫歯の基本的な特徴を知っておく必要があります。その3つのポイントとは?

 

虫歯菌を10%なくすことはできない

 

歯磨き粉の泡の弊害

 

フッ素予防だけで虫歯予防はできない

 

 

 

 

さらに子供の歯である「乳歯」の特徴もつかんでおく必要があります。大人の歯である「永久歯」とは異なる点が多く、また乳歯の虫歯処置を誤ると、永久歯にまで大きな影響を与えるので、親の責任として注意が必要です。乳歯の5つの4ポイントとは?

 

乳歯はエナメル質が薄い

 

乳歯は虫歯になると、神経まで進行しやすい

 

痛みがでにくい

 

白色の虫歯もあるので見つけにくい

 

歯と歯の間にかくれてできやすい

 

 

 

子供の虫歯を親の責任でなくすには

子供の虫歯の原因には、大人の永久歯と違って、子供特有の乳歯の特徴があるので、よくよく考えてみれば当たり前のことばかりですが、普通の歯磨きだけでは、子供の虫歯をなくすことは、かなり難しいことなのです。

 

もっと端的に言えば、子供の虫歯菌を殺菌することは不可能に近いのです。虫歯菌を殺菌するよりは、虫歯菌が繁殖しにくい口内環境にしてやることで、虫歯を予防することが、現実的な虫歯予防策となります。

 

そこで今注目されているが、子供の時期に虫歯にならないよう研究から発見された成分『BLIS M18』です。口腔内の虫歯菌を除去する効果があると話題になっています。逆に言えば、虫歯にならない子供が口の中にもっているのが、「BLIS M18」という成分だったのです。この「BLIS M18」を持っている子供の割合は、世界で2%と言われている貴重な成分だったのです。

 

この発見により、いままでの歯磨き粉をこの「BLIS M18」入りの歯磨き粉に替えるだけで、子供の口の中に住んでいる虫歯菌(ミースタンス菌)を追い出しことができるので、結果的に虫歯菌がいなくなり、虫歯予防ができるというわけです。

 

「BLIS M18」は500nm以下の非常に細かな粒子のため、歯の奥や歯と歯の間にまで届きます。そのため虫歯菌の餌になる歯垢までも取り除いてくれます。
したがって、一度虫歯菌がお口に入ってしまったお子様でも 虫歯になりづらい口内環境を作ることができます。

 

1回50円で親の責任が果たせる、オススメの歯磨き粉なのです。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任 子供の虫歯 親の責任